お手頃価格でお別れをしたいあなたへ

TOP > 葬式について > お葬式を安い料金で簡素にやる人必見

お葬式を安い料金で簡素にやる人必見

 故人の弔いは、その人の生きた証を締めくくる、有終の美でもあります。
 なるべく盛大にあの世へ送り出したいと考える人もいるでしょうが、だからといって誰もが盛大に、ゴージャスにとは考えていないかもしれません。
 もちろん予算の関係で安い方が良いと言う、ただ単に経済的な面で質素にと言う人もいるいでしょう。
 元々老夫婦二人で子供もいない様な御高齢の方だったりすると、自分の子どもやその孫達はいないでしょう。
 それに、周りのお友達や会社関係などの方々もすでに天国へと立っていたりすれば、お線香をあげに来る人さえもいない様な状態だったりする場合もあります。
 そんな状況なら、いくらお金があったとしても、盛大にお葬式をやる意味がないと言うか、盛大なら盛大なほど、逆に寂しくむなしく感じられるのではないでしょうか。
 

 その様な意味でも、お金の問題だけではなく、その人の亡くなった時の年齢や、宗教的な事など、あらゆる事が絡み合って、執り行わなければならないお葬式は、結構取り仕切るのも大変になってきます。
 最近では、質素倹約と言う意味もありますが、核家族が進んで、親戚などの集まりが昔に比べて少なくなってきたり、その上、隣近所などのお付き合いも稀薄になってきています。
 昔に比べると地域や社会とのコミュニケーションがどのご家族も減って来ている様な現代の中で、葬儀を盛大にやる必要もむしろあまりなくなってきているのでしょう。
 ひっそりしめやかに家族間だけで家族葬を行ったり、誰にも知らせず密葬をしたり、スケールを小さく、こぢんまりとした体制で執り行われる事の方が段々主になってきています。
 

 規模が小さければ、御香典返し、借りる会場のキャパ、なんでもコンパクトになりますから、当然費用も経済的なのは事実です。
 ここ近年の相場も、逆に手頃なお値段で執り行いたいと言う方の方が増えてきているのかも知れません。
 生き金と言う言葉がありますが、死んだ方に投資するよりも、残された遺族や今後の生活にそのお金をあてて行きたいと考える人の方が、このご時世ですから、主流になってきているのかも知れません。
 寂しい事かも知れませんが、きっと亡くなった方もその方が喜ばれるのではないかなとも感じます。
 財産が有り余っている人は、逆に相続問題のごたごたを避けて、盛大に葬儀に宛てるのかも知れません。
 そんな方は人脈もあるし、生前は偉業を果たされた方が多いですから、自然と弔いに集まってくる方も多いでしょう。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP