お手頃価格でお別れをしたいあなたへ

TOP > 葬式について > お葬式を安い費用で済ませる方法

お葬式を安い費用で済ませる方法

 お葬式の費用は高額になりがちであり、実際に総額で200万円程度かかるのが平均的だと言われています。
 地域などによってもこの相場は変わりますが、概ね高額になってしまうことには変わりないと言えるでしょう。
 なのでしっかりと貯蓄があるという場合でないとなかなか用意できる金額ではありませんし、貯蓄があったとしても、出来るだけ安い費用で抑えたいという方は少なくないでしょう。
 しかし200万円という金額はあくまでも平均的なものであるため、必ずしもそれだけの費用が必要というわけではなく、さまざまな方法によって安くすることも可能です。
 そもそもお葬式の費用は、葬儀本体費用と飲食接待費用、そして寺院費用という主に3つの項目から成り立っており、それぞれの項目において費用を安くするポイントがあります。
 

 まず葬儀本体費用は、葬儀社に支払う費用のことであり、よく広告などに記載されている葬儀プランの費用に相当するものだと言えるでしょう。
 一般的な葬儀の場合は100万円以上のプラン費用になることが多いと言えますが、葬儀費用を安くしたい場合は安い葬儀プランを選ぶことで大幅に費用を節約することが可能です。
 例えば、身内だけの小規模な葬儀スタイルである家族葬の葬儀本体費用は50万円程度が相場だと言われています。
 葬儀費用は参列者の人数が少ないほど安くなる傾向にあるため、小規模な家族葬はその分安くなるということです。
 そして、葬儀日程を一日に短縮して行うという一日葬は30万円程度が相場になりますし、さらに火葬のみを行うという火葬式は20万円程度という格安の費用で葬儀を行うことが可能です。
 

 飲食接待費用は、通夜に振る舞われる料理などの費用であり、こちらも参列者の人数が少ないほど安くすることができます。
 それに家族葬のような身内だけの小規模な葬儀の場合であれば、通夜に料理を出さないというやり方も可能なため、その場合は飲食接待費用が0円で済むと言えるでしょう。
 また、通夜に振る舞う料理はお店に頼むのが普通ですが、それを自分で用意すれば費用を安く抑えることも可能です。
 そして寺院費用は、読経をしてくれる僧侶に対して渡すお布施のことであり、宗派などによって相場は変わりますが45万円程度が一般的だと言われています。
 しかし、宗教の必要性をあまり感じない場合や無宗教葬を行う場合は、僧侶を呼ぶ必要がありませんし、当然のことながら寺院費用もかからないため、その分を節約することができると言えるでしょう。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP