お手頃価格でお別れをしたいあなたへ

TOP > 葬式について > 安い葬式を行いたいと考えている人に

安い葬式を行いたいと考えている人に

 お葬式を何度も経験すると言った人がたくさんいる訳でもなく、葬儀をどのように行ったら良いのか、その費用はどれくらい必要になるのかなど、良く判からないと言う人も多いのではないでしょうか。
 また、亡くなられた方と喪主の方の住む所が違い、その風習も違うことから葬儀の方法が違って来たり、そのために費用も違って来ることなども考えられます。
 更には、急な場合が多いことから、急いで葬儀社を探すことになり、費用の相談どころではないと言う遺族の方もいるのではないでしょうか。
 そのため、葬儀費用は非常に不透明と言われて来ました。
 バブルが弾ける前までは、豪華な葬儀を行うことが多く、その費用も数百万円と言うのが、当然のように言われて来ましたが、ここ数年の葬儀では、かなりその費用も落ち着いて来ています。
 

 昭和の時代から平成にかけての葬儀は、個人葬と言われるもので、多くの人に見送ってもらうことが一般的でした。
 近所に住まいの人、仕事でお付き合いの合った人など、少しで時間を一緒に過ごした人が参列することが多くありました。
 しかし亡くなった人が、近所付き合いがなくなっており、社会生活から離れてからの時間が長くなった人が多くなったことから、ごく身近な人だけで葬儀を行うことが多くなって来ています。
 この身近な人で行う葬儀を、家族葬と呼ぶことが多く、親族だけで行う式が人気となっています。
 亡くなった人と、じっくりとお別れが出来ることが出来る良さがあり、多くの人がこの式を行うようになりました。
 そこには、誰に連絡を入れたら良いのか、あの人、この人はどうしようと悩む必要もなくなる良さがあります。
 

 そんな家族葬の良さは、まず費用を抑えることが出来るメリットがあります。
 人数が少なく済むことから、小さな葬儀場の確保、通夜の食事、寝具などの経費を抑えることが出来ます。
 最低かかることになる祭壇、霊柩車、棺桶等、更には火葬費用やお布施・戒名等と決まった額で抑えることが可能になる良さがあります。
 また、今ではたくさんの葬儀社があることから、数社から見積もりを出してもらう方法も、式費用を抑える方法の一つになります。
 葬儀社は、基本的に365日休日なく稼動しています。
 追加費用が起こらない、かつ低予算で済む葬儀社探しは、インターネット検索でも可能な時代です。
 また、自分が参列した葬儀を振りかえり、良かったとされる葬儀社を選ぶの良い方法とされます。
 更に安い式を選ぶ人は、通夜を行わない直葬と言った方法も考えられます。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP