お手頃価格でお別れをしたいあなたへ

TOP > 葬式について > 費用を抑えた安い葬式をしたい人が増えています

費用を抑えた安い葬式をしたい人が増えています

 お通夜や告別式などの葬儀は、故人にとって最期のセレモニーなので、本人の希望に合った葬儀をしてあげたい人が増えています。
 現代でも一般葬が主流になっていますが、80代、90代になると、働き盛りの頃に比べると、交友関係も少なくなっているため、家族葬や一日葬などの費用を抑えたお葬式を希望している人が多いです。
 費用を抑えた安い葬儀をしたい人は、地元で評判の高い葬儀社を選ぶと、希望に合ったプランを選ぶことができます。
 使用する祭壇によっても多少は料金が違ってきます。
 棺やドライアイスなどの費用も含まれているので、安心して依頼できます。
 親族や親戚の人、家族、親しい友人で行う家族葬は、60万円から120万円前後なので、一般葬に比べると費用を抑えることができます。
 優良な葬儀社は、見積もりの金額が決まると、追加料金が発生しないので安心できます。
 

 現代はお通夜を行わず、告別式だけを行う一日葬を希望しているご家庭が増加しています。
 お通夜を行わないので、費用を抑えることができるので、幅広い年代の人が依頼しています。
 地元で評判の高い葬儀社を選ぶと、費用は抑えても心を込めたセレモニーを行っているので、安心して利用できます。
 事前に大体の予算を決めておくと、希望に合ったプランを提案してくれます。
 火葬場と隣接しているセレモニーホールを選ぶと、マイクロバスを手配する費用を抑えることができます。
 高齢者や体の不自由な人も移動がスムーズなので、参列者の体に負担が少ないです。
 葬儀に参列してくれた人には、きちんと食事を提供したい人がほとんどです。
 栄養バランスが良く、安全性の高い食材を使用しているので、体のデリケートな人にも安心して食べてもらえます。
 

 火葬式はお通夜や告別式などを行わず、僧侶に読経をしてもらい、すぐに火葬をする葬儀ですが、費用を抑えた葬儀をしたい人は希望しているご家庭が増えています。
 家族や親族だけで行うことが多く、香典を辞退するご家庭がほとんどです。
 信頼できる葬儀社に依頼すると、無信仰の人やお寺とお付き合いがない人でも、僧侶を手配してくれるので、手厚い供養を行うことができます。
 費用も15万円から、20万円前後になっているため、経済的な負担を減らしたい人にお勧めです。
 現代は余分な部分の費用は抑えて、必要な所にお金を掛ける葬儀が主流になっています。
 一人一人の考え方や、ライフスタイルによっても希望にあった葬儀は違ってきます。
 優良な葬儀社を選ぶと、費用を抑えた葬儀のプランを提案してくれるので、納得が行くまで、打ち合わせができます。
 

カテゴリー

PAGETOP