お手頃価格でお別れをしたいあなたへ

TOP > 葬式について > 費用を抑えて良いお葬式を挙げるなら

費用を抑えて良いお葬式を挙げるなら

 お葬式は人生の最後を締めくくるとても大事な儀式ですが、多くの人が参列する大規模な葬儀を行うとなるとそれなりに費用がかかってしまいます。
 できることなら余計な費用はかけずにより安い費用で良い葬儀をと検討している人もあるのではないでしょうか。
 より費用を抑えるのであれば、小規模な葬儀も検討してみてはいかがでしょうか。
 火葬式の場合は通夜や告別式を行わないので費用はかなり抑えることができます。
 とはいえ通夜や告別式を行わないことに抵抗があるという人も多く、その場合は本当に親しい家族、友人など少人数で行う家族葬が選ばれることも多くなっています。
 家族葬の場合は人数も制限されていますので、費用が抑えられるというメリットがあります。
 来客への対応に追われることがないので、故人とゆっくりとお別れの時間を取ることができるという点でも人気が高まっています。
 

 お葬式の費用が高くなる原因のひとつにはお寺に納める費用が高くつくということもあげられます。
 寺院に納める費用は時には数十万円となることもありますが、最近ではお布施を定額にしているサービスもあり、葬儀にかかる費用を抑えることができますし、いくら支払うべきかで悩む心配もなくなります。
 最近では普段お付き合いをしているお寺がないという家庭も増えていますが、こうした場合も寺院の手配サービスを行っている葬儀社であればお寺手配で悩むこともなくなりますし、費用の面でも安心です。
 葬儀に関する費用では通夜、告別式の費用、寺院に納めるお金のほかにも通夜振る舞いや精進落とし料理などの会食費、返礼品なども必要となってきます。
 そしてこの費用も参列者が多くなればそれだけ費用も多くかかることとなりますが、家族葬など参加人数が限られている場合はかなり費用を抑えられることとなります。
 

 お葬式にかかる費用は業者ごとに違いがありますので、まずはそれぞれの葬儀社のサイトなどで費用を比較しておきたいところです。
 中にはかなり安い価格で提示している葬儀社もありますが、その場合はサービス内容で満足ができない可能性もありますので、必要なサービスがすべて含まれているかはよく確認しておきたいところです。
 多くの業者から見積もりをとりたい場合は一括見積ができるサイトなどを利用してみることもおすすめです。
 そして見積もりで安い価格が提示されていても、オプションをつけるとどんどん値段が上がっていく可能性もありますので、総額でいくらになるかはしっかりと確かめておきましょう。
 費用を抑えて良い葬儀を行うためには予算をあらかじめ決めておくことも大事です。
 相談の際には予算のこともきちんと葬儀社に伝えておきましょう。
 

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP